スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈丁花の香り 

日本では沈丁花が咲き始めているという記事を見つけました
まだ時々肌寒い日のある季節、どこからともなく香ってくる柑橘系の香り
まさしく春を告げる花ですね

沈丁花という花の名前をはじめて覚えたのは23歳の時でした

大学を卒業して医療系の会社で働いていた時
毎日訪問する病院の玄関からいつもとは違う香りが

その時!突然! 
私の頭の中を ユーミンの”春よ来い”の歌が駆け巡りました
”は~るよ~ とおきは~るよ~”    ・・・なんて

その後、病院の受付で花の名前を教えてもらってびっくり!
”春よ来い”の歌詞の中に

  ”、、、い~と~し面影の 沈丁花~”

とあるんですよね

というわけで、それからの私にとっては
沈丁花の香り=ユーミンの”春よ来い”となったのでした
大脳の中で香りの神経伝達は記憶や本能をつかさどる部分に直結しているって本当ですね

すっかり春めいてきたこちら北京では、いまだどちらからも沈丁花の香りが漂ってきてません
毎日学校までの道のり鼻をくんくんしながら通っているのですが・・・

春はいつ来るのでしょうか? 春よ来い~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chiffonhua.blog53.fc2.com/tb.php/8-9d4abdfa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。