スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のかあさん 

kinsenka

もうかれこれ10年近く前のこと
北イタリアのある家庭に一週間ほど滞在させてもらったことがあります

おそらく北イタリアの伝統的な家庭で

食事の際にはきちんとテーブルセッティングをして
 (お皿を2枚重ねる あれですね
 ナプキンももちろんアイロンの効いた布ナプキンでした)
時間をかけて丁寧に作ってくれたママンのフルコースを家族でいただく食事                                   
毎朝磨かれる大理石の床はピカピカで
夕方になると延々とアイロンがけしてくれるお陰でシーツまでピシッとしていて

仕事でいっぱいいっぱいで細やかな家事まで手が回っていない家庭で育った
私にとってはこんな家庭もあるのかと非常なカルチャーショックでした


もちろんこの家の母さんは一日中家事に追われているわけです

そんなお母さんのようになりたいと言う長女と
そんなお母さんのようにはなりたくないと言う次女

国は違っても家族内で感じることは似ているな~ なんて思いながら
当時の私はどちらかと言うと次女派でした

でも 自分が母さんになって思うのは
家族のために 丁寧に家事をしている母さんがいることで
家族の笑顔が増えるんじゃないか ということ

先日お友達から立派な煮干を頂いて

お昼から夕食のダシのことを考えて煮干とコンブを水につけて
しっかりダシのきいたお味噌汁を作ったら
食べた時のみんなの顔が違うんですね
(すなわち 私が日々どれだけ手抜き家事をしていたか ということの実証ですけどね 笑)

ああ こういうことでみんなシアワセを感じるんだわ と
実感したのでした


とはいえ 家庭にはそれぞれの事情がありますので
仕事に追われながらも頑張っていた私の母もいろんな葛藤もあったでしょうし
今はすごいなと思うようになりました

家事にしても仕事にしても
何かに頑張っている姿を子供に見せられるような親になりたいな と
まじめに思う 母さん2年目の今日この頃です


スポンサーサイト

コメント

丁寧な家事・・憧れです(^-^;

私もいろいろあり、心が折れそうになり生きているのが辛かったとき、子どもたちがおねしょしたり乱暴になったことがありました。

これではいけない!と我に返り、やっと家も落ち着きました。
それからはお母さんが楽しいと子どもも楽しいんだ!が持論です(^-^;

私はどっちかと言うとお母さんとはあまり合わず、ファザコンだったのですが、お母さんの料理は一番だと思っています(^-^*)
だから未だに実家によく行ってしまいます。。。
おいしいお料理作ってあげてね♪


そういえば、私は親のケンカを見たことがありません。
大人になって聞いてみたら、子どもの前ではしないようにしてたとのことです。

あ、ちなみに私が心折れそうになったとき、それは大好きな父がくも膜下で死にかけた時です(^-^;

キリン子 ちゃんへ

そうだね
楽しそうなお母さんの笑顔には
みんなもつられて笑っちゃうよね
そして美味しいものを食べると
ついつい笑顔になるよね~^o^

一歳を過ぎてから 
子供が私の真似をすることが多くなってきて
子供ってちゃんと見てるんだ~!と思うことが増えてきました
気をつけないとね

そして私はこの中国で^^;家族の健康を守るためにしっかり野菜を洗って
なるだけ安全なご飯を作るように心がけてます
健康第一ですね

また4月に会いましょうね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chiffonhua.blog53.fc2.com/tb.php/195-df337693

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。