スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と余裕と夫婦関係 

少し前のことになりますが

今 高知の坂本龍馬記念館で開催されている
<坂本直行展>に行ってきました

坂本直行さん(1906-82年)といえばあの六花亭のパッケージに使われているお花の絵を描いた方 とのこと
それだけの知識で見に行った展示会でしたが
坂本直行さんの人生や奥様のお話 厳しい北海道の開拓時代のお話と
やさしく そして少し物悲しい風景画やお花の絵の展示があり
こじんまりした記念館から望める太平洋の風景とあいまって
静かなほんわりとした気持ちになる展示会でした

どんな厳しい生活の中でも花を見て”キレイ”と思う心
いつも見慣れている風景をみてもなお感動する心
それが本当の余裕かな と坂本直行さん生き方を見て改めて思いました

そしてそんな旦那様と一緒に頑張って生きてきた奥様の現在のお家には大変苦労されたであろう開拓時代の家と同じようにマーガレットが咲き誇っています

その写真を見るだけで本当に素敵な夫婦だったんだなと思いました


一方 自分を振り返ってみると・・・

ただいま北京に一人で住む旦那さんは引越し先を探し中

仕事で忙しい中部屋を見に行ってくれている旦那さんに悪いな・・・
と思いつつも
清貧で夫婦仲良ければ・・・なんて口では言いつつも

メールで送ってきてくれる部屋の写真にダメだしする私
私が帰ったときに住みやすいように と一生懸命探してくれているのに・・・
なってませんね××

しかしながら 北京での部屋探しは難航の気配です

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chiffonhua.blog53.fc2.com/tb.php/103-c8e1a2c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。