スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばぁちゃんと一緒に北京観光 ~3日目~ 

ばあちゃんの北京観光最終日 午前中はお買い物
そして午後から世界遺産の一つである天壇公園へ

200811183

この日も強風で寒くて寒くて長時間外にはいられませんでした
でもその風のお陰で澄み切った真っ青な青空

200811184200811185200811182

こういう日が少しでもあると 単純な私は今までのいや~な空気の日々が帳消しになって
北京っていいね~と思ってしまいます

なんていうんですかね
悪い男にちょっと優しくされて ころっと騙されるみたいな 感じですか?(笑)

でも本当にそれくらい 北京の広~~~い真っ青な空は爽快なんですよね


とは言え体感気温氷点下の一日
駆け足で公園を観光し隣の紅橋市場に駆け込みました


そして夕暮れ 

紅橋市場の屋上から
私が北京で一番美しいと思う景色をばあちゃんと一緒に見ました

200811181

広い大地に沈む夕日は格別です☆


スポンサーサイト

ばぁちゃんと一緒に北京観光 ~2日目~ 

2日目は ばぁちゃんたっての希望で 鳥の巣へ

200811171

オリンピックのメインスタジアムだった鳥の巣は
今は入場料50元で一般開放しています

200811172200811176200811173

自由に座席に座ったり
開幕式や表彰式 閉幕式で使われた衣装などが展示されています

長時間放置されている衣装はどことなく薄汚れていて
お祭りの終わった物悲しさが漂っているように見えました(笑)

残念ながらトラック部分は仕切られていて立ち入ることが出来ません
ちょっと走ってみたかったんですけどね~

そして こんなサービス(?商売?)も

200811175200811178

表彰台に立って 聖火トーチをもって 撮影!

200元(約3000円)なり

たっか~~い!!


ちなみに私が見たオリンピック柔道 ヤワラちゃんのチケットは50元(約750円)でありました
それを思うと鳥の巣に入るだけの入場料50元というのも 高い気がしました

おまけにこの日はものすごい風が吹いていて寒くて寒くて。。。
早々に家に戻りました~


ばぁちゃんと一緒に北京観光 ~1日目~ 

北京まで来てくれた ばぁちゃん(私の母)
せっかくなので北京観光に行くことにしました

北京2回目のばぁちゃんですが 万里の長城には行ったことがありませんでした

北京に着く前は”寒いだろうから”とか”疲れているだろうから”
と言って全く予定していなかったのですが
翌日 時差のため みんな早く目が覚めて急遽行くことに決定しました

朝8時 日本人向けのフリーペーパーをめくって車のチャーターの会社にだめもとで電話
一軒目ですんなりOK
8時半には家を出発することができました

八達嶺の長城までは車で約一時間

200811161

9時半には到着
国慶節のような混雑はありませんでしたが
それでも中国の団体ツアー客が沢山来ていました

私たちは人の少ない男坂の方を登ることに

200811166200811167200811165

2箇所ほどかなり急な階段があって
高所恐怖症の私は下を向くとかなり怖かったです

”もうちょっと行ってみよう”と息子を連れてどんどん進む主人
上りよりも下りの方が絶対怖いよ~ という私の意見は聞き入れられず
階段好きの息子も頑張ってくれて 結局行き止まりまで上りきることができました

でも案の定 子供を抱っこしての下りはかなり怖かったようです
無事下りられてよかった~~


そしてそのまま 明の十三陵に
ここは私も初めて行きました

200811163

運転手さんのお勧めに従って
明十三陵の新道とお墓の一つである定陵に行くことにしました

2008111610200811167
2008111692008111611

この日はお天気もよく風も弱くて
新道の並木道の紅葉と落ち葉がとてもきれいでした



そして定陵

2008111612

定陵と他の2つのお墓は地下の部分まで公開されていて
皇帝と皇后の棺が納められている部屋まで見ることができます

で どうなの? と言われると
歴史とか建築物に造詣の深くない私には 
”広いね~ 大きいね~” 位しかコメントできないところが悲しいトコなんですが。。。


家に戻りついたのは 夕方4時頃

新鮮な空気の中 沢山歩いて
気持ちのいい一日でした


 

北京に戻りました☆ 

ワンパクな息子を連れての親子2人旅を心配して
今回は私の母も北京まで一緒に来てくれました

関空での乗り継ぎの間にぐっすりお昼寝をした息子

帰りの飛行機では元気一杯!
一睡もせず上機嫌で帰ってきました

着陸してからは 飛行機の窓から見える空港に向かって
”おと~しゃ~ん! おと~しゃぁぁ~~ん!”と大声で叫んでいました^^;
何か感ずるものがあったのでしょうか??


久しぶりの中国は きれいな青空が広がっていて
飛行機の窓からは天津(?)の港から北京まで街の景色をずっと見下ろせることができました

いつもはだいたい北京上空の黄色い空気を見て
”あ~~ もう。。。 着陸したくなぁ~~い。。。。”
と思ってしまったりもするのですが^^;
今回はすがすがしく戻ることが出来ました☆


さて! 今の私の日常の場所は ここ 北京
また頑張りますか!



さて そろそろ 

北京に戻ります

20081112

この3週間で

息子に関する”やらないといけないこと”が全て終わって ホッと安心!
会いたかった友達にもたくさん会うことができて 充電は完了!
澄んだ空気の中 毎日毎日違う表情の空を見て リフレッシュも完璧!

また元気に北京の生活に戻ります

 
この3週間は息子にとっても成長の時間だったように思います

ある日の夕暮れ
山火事かと思うくらいの真っ赤な夕焼けを見ることがありました
唖然とするくらいの美しさに一瞬立ちすくんだ私の腕の中で
”きれいね~” と 息子
どこまで理解して発した言葉かは分からないのだけれど
複雑に感じる心と それを表現する言葉とが繋がって来てるな~
と実感した瞬間でした

ま とは言っても 1歳10ヶ月の自由奔放な怪獣は言うことなんて聞きません
育児は体力勝負!をひしひしと感じるようになりました^^;

明日はほぼ丸半日の旅程
がんばるぞ~


いたずら盛り! 

気持ちよさそうなお昼寝を隠し撮りしたのは

200811111

彼の破った障子の穴から(苦笑)

20081111

日本家屋で子育てすると
家中大変なことになりそうです(笑)


一歳10ヶ月検診 

今回の帰国では 息子の一歳10ヶ月検診も受けました

中国でメラミン事件があってから
牛乳も粉ミルクも飲んでいないからまぁ大丈夫だろうとは思いながら
その他のもろもろの食品からも検出されて
少し心配していた息子の体

今回の検診では尿検査で腎臓の検査もしてくれるということだったので
絶対に受けようと思っていたのです

結果は◎

よかった~


虫歯菌のテストも後日結果を送ってくれるとのこと
きめ細やかな子供の検診の制度
日本ってすごいなぁ~ と思います

妊婦検診の補助金や出産費用の補助金や
育児給付金とか医療受診費の補助とか
日本はかなり充実していると思います

少子化の根本的な問題は
制度の問題ではないと思うんですけどね。。。


高知の風景 ③ 

週末 友達とその子供達と一緒にドライブに行きました

残念ながら雨のため 予定していたミカン狩りは中止
子供達が大喜びするという噂の秦山公園は雨天休園
という残念な出だしではありましたが

こんな素敵な場所に連れていってもらいました

200811092

香南市にあるイングリッシュガーデンハウス
家族手作りのお庭と個人のお宅を開放したティールームとのことでしたが
お庭がと~~っても広い!

子供達は嬉々として秘密の花園を駆け回りました


200811091

フレッシュハーブティーもいい香りで
ここはバラの季節にまた来てみたいな と思いました


連れて行ってくれたCちゃん ありがとね!



高知の風景 ② 

高知の宴会といえば この皿鉢(さわち)料理

20081104

お祝い事やお葬式など 自宅ですることの多かった昔は
自宅で開く宴会を”おきゃく”と呼んでこの大皿料理をみんなで食べました

今回は父が還暦のお祝いだったのと
私と息子の帰国にあわせて
妹家族が戻ってきてくれたため 夜は家族で”おきゃく”をしました

冷えている仕出料理なので 味はまぁ普通なのですが
皿鉢料理があると特別な日のように感じます


妹家族と2歳10ヶ月の甥っ子君が帰ってきて
息子は大興奮

3日間は家の中がそれはそれはにぎやかでした

200811041

お別れの日は ”帰りたくな~い”と泣く甥っ子
夜になってもまだ甥っ子を探すうちの息子
”もう帰っちゃったんだよ”と私が言うと大泣きしました


甥っ子達とは わんぱーく高知で動物と触れ合ったり
桂浜水族館でイルカやアシカのショーを見たり
ちびっ子達なりにとても楽しかったようです

お昼に寄った かいだ屋ではうな重を半分ぺろりと食べたしね

200811042

一時間待ってやっと出てきたうな重。。。
次回からは息子の分は別に頼まなきゃね


高知の風景 ① 

20081107

高知は今でも市内を路面電車が走っています

200811072200811071

ガタンゴトン ゆっくり進む電車に乗ると
”まぁ そんなに急がんでえいか” という気持ちになってきます

車を運転する身としては
右折する時 バックミラーに電車が映ると緊張するのですが

ところで2010年の大河ドラマは坂本龍馬が主人公だそうですね
今でも高知はいたるところもう十分な位 龍馬だらけ
(ちなみに空港も”高知龍馬空港”に改名されています。。。^^;)

あと数年は高知はより一層の龍馬ブームになりそうです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。