スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイさんの北京料理 ③ ~餃子~ 

お友達のアイさん(お手伝いさん)にお願いしている北京料理教室

第三回目は餃子! 

2009120

中国の北方地域では旧正月を迎える際に餃子を食べる風習があるということで
春節前のこの時期に教えて頂くことになりました

教えてくださったアイさんによると
旧正月の大晦日の夜12時を過ぎてから餃子を作り
新年の早朝 4時~5時に起きてそれを食べるとか
また新年から数えて5日目の初五にも餃子を食べる風習があるそうで
春節に餃子は欠かせない食べ物とのことでした


恥ずかしながら私
だいぶ長くなってきた人生の中で手作り餃子を作ったのはたった2、3回
しかも買ってきた皮使って。。。^^;

でも今回はもちろん!皮から手作りです☆


~作り方~

・まず餃子粉(今回は餃子粉を使いましたが普通の小麦粉でもOK)に温水を入れて硬めにこねる
・濡れ布巾をかけてしばらくねかせる

200912010200912012

・豚肉に ネギ ショウガ ごま油 サラダ油 白コショウ しょうゆを入れて混ぜる
・それを二等分しそれぞれに粗くすりおろしたニンジンと細かく切ったウイキョウを入れる
・最後に塩を入れて混ぜる

200912011200912013

・寝かせておいた生地がつるつる滑らかになるまでこねる!こねる!
・真ん中に穴を開けてリング状にして一箇所をちぎり 棒状にする
・棒の太さが均一になるように手で伸ばしていく

200912092009120820091207

・包丁で適当な大きさに切る
・一つずつ手でつぶしていく
・中心が厚く外側が薄くなるように棒で延ばしていく

200912052009120620091204

・片側にひだを寄せるように餡を包む
・お湯に少しお塩を入れて茹でる(お塩を入れると茹で上がった後くっつきにくい!)
・沸騰したら差し水 を2回繰り返す

200912032009120220091201

で あつあつ水餃子の出来上がり~☆


この日はアイさんを含め3人で 合計123個の餃子を包みました!

出来立ての水餃子はと~~っても美味しかったです^^
しかも食べ切れなかった餃子は焼き直しても美味しく頂けました
どこの国の料理でも”お母さんの味”はやさしくてホッとする味がしますね

次回は違った餡にもチャレンジしてみようと思ってマス


スポンサーサイト

アイさんの北京料理 ② ~肉巻 土豆丝 蕃茄菜花~ 

またまたお友達のご好意で お友達のアイさんに北京料理を教えてもらいました
忘れないうちに メモしておきます☆

今日はボケボケの一日で カメラを持って行っていたのに充電ができておらず
ほとんど写真が撮れませんでした。。。
どんなお料理が出来上がったかは みなさん想像してください ^^



今回は3品です

~肉巻~

1 餡を作る
  豚ひき肉 しょうがみじん切り ねぎみじん切り(豚肉200gに対して ねぎ4本位)に
  ごま油 酒 しょうゆ 白コショウ 塩 油 を混ぜる

2 前回と同じように自発粉にお湯を混ぜしばらく蓋をして発酵させる

20081020
↑写真のように生地にプツプツした穴が見えればOKだそうです

3 皮を薄く四角くのばす

4 その上に先ほどの餡を満遍なく薄く延ばしていく

5 ロールケーキのように端からクルクル巻いて 最後に巻き終わりとふちを指でつまんで閉じる

6 蒸し器で蒸す


~土豆丝~

1 ジャガイモを5mm角くらいの棒状に切って水にさらす

2 唐辛子はお好みで粗くちぎっておく

3 中華なべに油 唐辛子を入れ ジャガイモをいためる

4 酢 しょうゆ お湯少々 塩 お砂糖 白コショウ で味付けする

(↓かろうじてこれだけは撮れました これはお店でもよくあるお料理ですよね)
20081020


~蕃茄菜花~

1 カリフラワーを小さい房に分けてゆでる

2 トマトを賽の目に切る

3 中華なべに油を入れてトマトを炒める

4 ゆでたカリフラワーを入れ お湯 塩 水溶き片栗粉 白コショウで味付けする



どれも とっても美味しかったです☆
しかも今回の3品はどれも手軽に作れそう!

また自分でも作ってみようと思います


包子に挑戦! 

先日お友達のアイさんに教えてもらった包子作り

忘れないうち復習復習!

2008093020080930

お友達に来てもらって二人でせっせと包んでみました☆


今回の反省点は
・生地を柔らかくしすぎたこと
・皮が厚すぎた(具が少なすぎた)こと かな

それにしても 皮を丸く伸ばすのが難しかった~
アイさんは事も無げにしていたのに。。。

でも回を重ねるごとに上手にできるようになりそうです!

今回も”自発粉”を使いましたが
次回は日本でも簡単に手に入る材料で作ってみようと思ってます☆
 

アイさんの北京料理 ~包子~ 

北京生活も通算すると丸2年 9月から3年目に入りました

最初の一年は大学の語学コースに通って
中国はもちろんそれ以外の多国籍な友達との交流もあったのですが

子供が生まれてこちらに戻ってきてからは 
北京の日本人社会の中でぬくぬくとした生活をしています

中国語を使う機会も少なくなって 中国人と交流することも少なくなって
せっかく外国で生活しているのに もったいないなぁ と思う今日この頃

いつか日本に帰った時のために 中国で生活した証として
何かを身につけておきたいな と思っていたのですが
今回 お友達とお友達の料理上手なアイさん(お手伝いさん)のご好意で
北京料理を教えて頂くことになりました

第一回目は包子

200809191

日本にいた頃は こういうお料理ってまず自分で作ろうとは思いもしませんでした
でもこちらの人はひょいひょいっと作っちゃうんですよね

(以下 私の防忘録をかねてレシピを書いておきます)

皮は 自発粉(小麦粉にイーストなどがあらかじめ入っている粉)に温水を混ぜて
蓋をし 発酵して膨らむまでおいておきます

200809194

餡は 今回はニンジンとウイキョウの2種類

豚肉 しょうが ねぎ(みじん切り) ごま油 白コショウ しょうゆ 花生油 
をまぜまぜしたベースに

①ニンジンを粗くすりおろしたもの
②みじん切りしたウイキョウをさらしに包んで水切りしたもの

をそれぞれ肉ベースに入れ 塩をふってひとまずおいておきます
(早くまぜると水気がでるので混ぜるのは包む直前に!) 

200809193

十分発酵した皮を
等分に小さく切って 薄くのばします

伸ばす時は 外を薄く 内側は厚く 周りをのばす感じで

200809195200809197

先ほどの餡を混ぜます
このときは同じ方向にぐるぐる混ぜると水分が出にくいとのこと

そして 包んでいきます

小さくギャザーを寄せていくように包みます
アイさんはさすがの早業!

200809196200809196

一番手前が記念すべき私の第一作目の包子☆
ちなみに後ろ側がアイさん作 美しい!

200809192

蒸し器にセットしてお水が沸騰してから中火で15分ほどで出来上がり☆

包子の裏側が湿っているので蒸し終わったら逆さにお皿にとるのもポイントです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これでもか~ これでもか~ と出てくる 食の安全問題。。。

食に関しては結構気をつけているつもりではいるけれど
今回の牛乳事件のように予期しようとしても予期できないような問題が起こると
本当に恐ろしいです

毎日の生活で出来ることというとリスクの確率を減らす努力をすること
牛乳事件のようなことに対してはお手上げ!だけれど
それでも想像出来る限りの安全対策はしておかないと と思ってます

そういう点では やっぱり素材から自分で選んで
お家でご飯を食べるのが一番ですよね

お料理は苦手(というよりあまり好きでない)なのですが
もうちょっと家のご飯を充実させなきゃな~


今回は本当に楽しかったです
Yさん&アイさん ありがとうございました☆
今後もどうぞ宜しくお願いしますね


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。